「…ッ!その印周りをよく見て使えよ。死にたくないならな…。」
────────
考える暇もない刹那で体が勝手に動いていて困ったものだが、今回は時間が経てば戻る腕に感謝するとしよう。
生前から団長には「考えるより先に体が動く癖がある限りは、人を動かす立場は任せられねぇなあ!先に死んじまったら残った部下が困るだろ?」と笑われたのを思い出した。
────────
Left:メリィ
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64001503
Right:亡国の騎士団長 ライオネル
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64347565

■PixivFantasia RotD:https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=63981060
■4章:https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64797428