靖國大神

Jan 30,2019

#original

裏日本書紀

靖國大神(ヤスクニノオオカミ)

護国のために一命を賭した忠霊を奉る靖國神社に奉られる現人神で、 246万6千余柱の神霊の集合体。

八百万の神という、アニミズムの概念が産んだ新しい神格。
国土を護るというただ一点において他の追随を許さない攻撃的な性質を持つ。
約246万柱が寄り集っているため、一人に見えるが一人称は「我等」を用いる。
奉られた祭神のせいか現代的な装備を持っており、その立ち振る舞いも軍人らしい堅物と言った雰囲気。