赫赫たる忠義の残滓 ライオネル

Jul 30,2017

#original

boy

pixivファンタジア

red

■ライオネル(Lionel)

「反逆者共の末裔の国を滅ぼすのが主の願いであれば、1人残らず叩き斬って首を並べるまで。今度こそ最後まで貴方の傍にお遣えしましょう」

male/age:27/178cm/66kg/job:Knight

“傀儡王 ザマ”の復活に呼応するように現れたアルジャ王国騎士団の副長の一人。生前は王宮守護騎士で王の護衛を担当しておりザマの父の時代からの忠臣。

幼い王が側近に操られている事は知りつつも手を打てなかった事を後悔し最後まで王を守ろうとしたが、4人の側近が逃げ延びるための囮として王共々退路を断たれて、王を庇い致命傷を負った。
蘇ったのが本当の王ではないとしても、この忠義も死体に焼きついた残像だとしても、今度こそ王を守りぬくためだけにグランメイルの軍勢を退けるのに手段は選ばない。

偶々取り込んだ存在が余りに強力な思念を持っていたため復活者としての自意識をなくしている。復活者としての自覚はなく、生前の強い想いが焼きついた残像であり、ライオネルの忠義の残滓。
そのため、復活者特有の他の生命体の吸収・模倣・複製を行わず、ライオネルの最後の願いを唯ひたすらに求め続ける亡霊。同属に対する仲間意識もないためザマに害を為すなら復活者であっても斬り捨てる。
敵を全て屠った後はついでに復活している側近4人の首も刎ねるつもりでいる。

肉体は全て復活者が模倣したただの構造模型のため、手を切り落とされたところでもう片方の腕に持ち換えて斬りかかって来る、負傷して肉が削げ落ちても骨だけで膂力を出せる、それらは時間がたてばゆっくりと元の状態に戻る。
など明らかに人間ではないがアンデッドとも違う、まるで生前のある一定の姿に勝手に留まろうとするような、時間が巻き戻るような回復の仕方をする。

行動理念はザマの希望を叶える事。

■PixivFantasia RotD:https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=63981060