角杙神

Aug 03,2019

#original

裏日本書紀

角杙神(ツヌグイノカミ)

神世七代の四代目の神。
大地に芽吹く草花を表す神格。

あらゆる物質を風化させ、そこから植物を芽吹かせて破壊する。
この方法で破壊された物は土に還り、森の養分となる。