「あ゛ー……。
ほんとならこんな牛一口だってのに……。
コソコソ隠れて囓ってんのは窮屈すぎるぜ」