Theme work

Veleno Bouquet

-Every rose has its thorn.-

About

訳:毒の花束
オーバーラインで文章が読みづらくなっているかもしれませんすみません。31日の締切日にメンバー向けの文章を削除して外向けにするつもりだったのですが、そうすると遅刻してしまった人が概要を読めなくなると気づいたのでこのように。オーバーライン部分は参加者にしか見えません。
#membersハッシュが付いた状態でこのサイトを見ると参加者向けの概要が表示されます。参加者向けURLを配っておくので自分で見るときはこちらから。pixivのキャプションから繋ぐ場合は#以下は削除してもらえればと思います。

誰キャラのような緩さのテーマ落書きです。
闘乱しない方なら次の世界まで、闘乱する方は現代描きながらファンタジー成分補充に使ってもらったりしたらいいかなという暇つぶしのお遊びです。
聞いている方はとりあえずpixiv、サイト、その他で「人を殺した」「人に殺された」「自分が死んでいる」人が多いかなという闇を感じる面子。
有毒円卓会議でそれっぽい死因という他薦で決めました。とりあえず死臭がしています。
智冬さん、クロイチさんと3人で有毒花って良いですねとなって、それをいろんな人が調べて有毒花草を作品に取り入れるきっかけになれば、
という簡単な落書き企画なので肩の力を抜いてその花が持ってる魅力的な闇を出してもらえればーと思います。

Veleno Bouquet -毒の花束-

毒草茶会へようこそ。こちらは毒草がテーマのwebアンソロサイトです。
5月中を期間として次のPFまでの暇つぶしとして、毒草のイメージイラストを制作し
そのイラストへのリンクを纏めてあります。

毒草の擬人化、擬人外化、テーマイラストを中毒症状、致死量などの毒性に重きを置き、
画面の中に当該の植物を含むことだけをルールとしました。

身近に存在、もしくは世界で最凶・最悪として恐れられる有毒樹花のネガティブな魅力。
それを伝えて、創作に取り入れる切欠になればと思い立ちクロイチさん、智冬さんと簡単な企画をさせていただきました。
ぜひ自分でも有毒植物を調べてその面白さに浸かって貰えればと思います。

References

なお取り上げた毒草以外にも、紫陽花、極楽鳥花、ポインセチア、朝顔、ビオラ、躑躅、スイートピー、竜胆、菫など上げればキリがないほどに沢山の植物が生命に対して有害な物質を持っています。普段見かける花も毒があるとなれば違った面白さがあると思いますし、同時にペットや幼児が誤飲・誤食しないよう注意が必要かもしれません。

参考URL
List of poisonous flowers(英語wiki 有毒花リスト)
Category:有毒植物(wikipedia有毒植物カテゴリ)

Outline

  • 6/1日(日付変更際に予定をあわせたので共催3人は投稿する予定です)にタグで"Veleno_Bouquet"をつけて支部に投稿となります。pixivにはしっかりと描いた絵しか置きたくない、という方がいれば連絡をお願いします。サイトのほうに画像のみ借りてアップという形で編集しておきます。
  • R-18+Gの制限なし、けれどエグすぎるとアレなので手加減
  • 擬人化、擬人外化、イメージイラスト(その花が使われた綺麗な殺人現場などでも)。
    擬人化ではなくイメージなので人外もアリだけどドリアードのような直接その花が過ぎるもの(ひねらな過ぎ)、原型の分からない竜(連想しづらい)などは無し。獣人とか無機物人外まで。
  • 有毒花草なので、底抜けに明るいものは何か違うかもしれません。明るい中にも死臭がしていると嬉しいかなーという感じです。有毒な草花のネガティブな魅力を引き出すイメージで
  • 普通のアンソロと違い伝承、花言葉は参考までで無視しても拾っても良いです。ただし花のビジュアルと死因(大事)は守ってください。中毒症状と死因と致死量が守られていれば基本大丈夫です。
    追記:死体を描く、フレーバーテキストなどで死の間際を描写する などの場合です。絶対に人を殺さないといけないわけではないです。
  • 画面のどこかに当該の花、植物を入れてください。巨大なものもあるため全草でなくとも花、葉、枝などでも。
  • 追記:毒草用の絵の経過アップや作業配信、個人誌への利用など何一つ制限などしないのでご自由に。

円卓用毒草資料

List of poisonous flowers(英語wiki 有毒花リスト)
Category:有毒植物
致死量

Poisonous flowers

  • Bella donna

    智冬

    原産・自生地
    西ヨーロッパ
    毒成分
    トロパンアルカロイド
    含有部位
    全草、特に根茎
    中毒症状
    嘔吐や散瞳、異常興奮を起こし、最悪の場合死亡。
  • Gelsemium

    クロイチ

    原産・自生地
    東南アジアから中国南部
    毒成分
    ゲルセミン、コウミン、ゲルセミシン、ゲルセヴェリン、ゲルセジン、フマンテニリンなどのアルカロイド
    含有部位
    全草、部位ごとに毒性が変化
    中毒症状
    呼吸麻痺、口腔・咽頭の灼熱感、流涎、嘔吐、腹痛、下痢、筋弛緩、呼吸筋周囲の神経麻痺、視力減退、瞳孔散大、呼吸障害、嗜睡、全身痙攣、後弓反張、運動失調、昏迷。
  • Anemone

    猫路

    原産・自生地
    地中海沿岸
    毒成分
    プロトアネモニン
    含有部位
    全草、汁液
    中毒症状
    皮膚炎、水泡、化膿
  • Angel's Trumpet

    原産・自生地
    アメリカの熱帯地方
    毒成分
    スコポラミン、ヒヨスチアミン
    含有部位
    地下茎
    中毒症状
    聴覚性幻覚・急性痴呆・行動異状。
  • Colchicum

    酒屋

    原産・自生地
    ヨーロッパ中南部から北アフリカ
    毒成分
    コルヒチン
    含有部位
    球根、種子
    中毒症状
    皮膚の知覚が麻痺、重症化すると呼吸困難
  • Anticlea elegans

    きのえ

    原産・自生地
    アメリカ全域
    毒成分
    アルカロイド、ジガシン
    含有部位
    全草
    中毒症状
    運動失調、下痢、血圧低下、意識不明、痙攣、呼吸障害、嘔吐、吐血、眩暈、頭痛。最悪の場合死亡。
  • Sacred anise tree

    しきみ

    原産・自生地
    本州中部以南、四国、九州、沖縄
    毒成分
    アニサチン
    含有部位
    花や葉、実、さらに根から茎にいたる全て
    中毒症状
    嘔吐、腹痛、下痢、痙攣、意識障害等。最悪は死亡。
  • Bladder cherry

    やぐ

    原産・自生地
    東南アジア
    毒成分
    アルカロイド、ヒストニン
    含有部位
    全草、根茎
    中毒症状
    妊娠中の女性が服用した場合、流産の恐れ。
  • Henbane

    猫鴉

    原産・自生地
    ユーラシア大陸
    毒成分
    ヒヨスチアミン、スコポラミン、その他トロパン・アルカロイド
    含有部位
    全草、種子
    中毒症状
    幻覚、瞳孔散大、情動不安、肌の紅潮等。人によっては頻脈、痙攣、嘔吐、高血圧、超高熱、運動失調等
  • Daffodil

    原産・自生地
    スペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域、アフリカ北部
    毒成分
    リコリン、シュウ酸カルシウム
    含有部位
    全草が有毒だが、特に鱗茎
    中毒症状
    食中毒、接触性皮膚炎。
  • Winter Rose

    うさぎ

    原産・自生地
    東ヨーロッパからバルカン半島、トルコ、シリア
    毒成分
    ヘレブリン等
    含有部位
    葉、根茎
    中毒症状
    嘔吐、腹痛、下痢、痙攣、呼吸麻痺、眩暈、精神錯乱、心停止。
  • Red magic lily

    柚己

    原産・自生地
    中国
    毒成分
    リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリン等
    含有部位
    全草が有毒だが、特に鱗茎
    中毒症状
    嘔吐や下痢、重症の場合には中枢神経の麻痺を起こして死亡。
  • Opium poppy

    空気

    原産・自生地
    地中海地方、東ヨーロッパ
    毒成分
    モルヒネ
    含有部位
    樹脂
    中毒症状
    鎮痛、陶酔作用があり、高用量の摂取で昏睡や呼吸抑制。
  • Azalea

    するめ

    原産・自生地
    東アジア
    毒成分
    グラヤノトキシン、ロードヤポニン
    含有部位
    全草、蜜
    中毒症状
    嘔吐、痙攣。重症の場合昏睡。
  • Digitalis

    kiwr

    原産・自生地
    地中海沿岸を中心に中央アジアから北アフリカ、ヨーロッパ
    毒成分
    ジギトキシン、ジゴキシン、ギトキシン等
    含有部位
    葉、根茎
    中毒症状
    胃腸障害、嘔吐、下痢、不整脈、頭痛、眩暈、重症の場合心臓機能が停止して死亡。
  • Giant hogweed

    田中ヤマ

    原産・自生地
    コーカサス地方、中央アジア
    毒成分
    フラノクマリン
    含有部位
    全草、種子
    中毒症状
    植物性光線皮膚炎
  • Mandrak

    70

    原産・自生地
    地中海地域から中国西部
    毒成分
    数種のアルカロイド
    含有部位
    根茎
    中毒症状
    幻覚、幻聴、嘔吐、瞳孔拡大、最悪の場合死亡。
  • Aconite

    sheena

    原産・自生地
    日本の場合本州中部以北、また北海道。
    毒成分
    アコニチン、メサコニチン、アコニン、ヒバコニチン。低毒性成分のアチシン他ソンゴリン
    含有部位
    全草
    中毒症状
    嘔吐、呼吸困難、心停止。経口摂取の場合数十秒で死亡。
  • Lily of the valley

    かのん

    原産・自生地
    本州中部以北、東北、北海道の高地
    毒成分
    コンバラトキシン、コンバラマリン、コンバロシド
    含有部位
    全草
    中毒症状
    嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺など。重症の場合は死亡。