中筒男命

Jun 23,2019

#original

中筒男命(ナカツツノオノミコト) 黄泉の国から戻ったイザナギが穢れを清めるために行った禊で産まれた住吉三神のうちの一柱。水深の中ほどで生じたのが中筒男命と言われている。三神とも、航海の護神や大漁祈願、商売繁盛などを願い祀られている。 人当たりの良い笑顔でさらりと毒を吐く住吉の次兄。見目は良いが毒を持 […]

read more

表筒男命

Jun 02,2019

#original

表筒男命(ウワツツノオノミコト) 黄泉の国から戻ったイザナギが穢れを清めるために行った禊で産まれた住吉三神のうちの一柱。 水深の浅い水面付近で生じたのが表筒男命と言われている。 三神とも、航海の護神や大漁祈願、商売繁盛などを願い祀られている。 自分が世界で一番可愛いと思って疑わない美少年。 南国より […]

read more

靖國大神

Jan 30,2019

#original

靖國大神(ヤスクニノオオカミ) 護国のために一命を賭した忠霊を奉る靖國神社に奉られる現人神で、 246万6千余柱の神霊の集合体。 八百万の神という、アニミズムの概念が産んだ新しい神格。国土を護るというただ一点において他の追随を許さない攻撃的な性質を持つ。約246万柱が寄り集っているため、一人に見える […]

read more

井氷鹿

Jan 30,2019

#original

井氷鹿(イヒカ) 井光とも表記される大和国の国津神。神武天皇と出会った神格で、光り輝く水辺から現れ、尾を持った人であったと記されている。 氷と冷気を纏い、周囲を常に凍りつかせながら移動する。角に下げた風鈴の音が聞こえるともうすぐ周囲が凍結する合図なので、森の中で鈴の音が聞こえたら音がしない方へと逃げ […]

read more

天香山命

Jan 30,2019

#original

天香山命(アメノカグヤマノミコト) アマテラスの曾孫神に当たり、尾張氏の祖神とされる神格。穀霊としての側面も持つが、資源や開発、発展の概念にも影響を持っている。 趣味は俳句、勉学に熱心な勤勉家。大きな筆に描かれた物はそのまま式神になり、紙から飛び出して自在に動き回る。

read more

天之冬衣神

Jan 20,2019

#original

天之冬衣神(アメノフユキヌノカミ) オオクニヌシの父。 その名から冬の着物の神と言う見方もある。 北方の寒気を司る冬将軍。 冷気と氷で逆らうものを氷漬けにする事が出来るが、本人の体温もかなり低く冷え性を患っている。 能力の割には寒いのは苦手。

read more

天鈿女命

Jan 16,2019

#original

天鈿女命(アメノウズメ) 岩戸隠れの段で、天岩戸に隠れたアマテラスオオミカミを誘い出す儀式を行った技芸の神。(神話では女性) 鈴や鳴子を大量に身につけているため近くにいるとすぐに分かる。 お祭り大好きマンにして浮かない顔をしている者がいると笑わせずには居られないエンターテイナー。 酒宴で酔っ払うと翌 […]

read more

2019

Jan 01,2019

#original

あけましておめでとうございます。去年から準備してた事とかいろいろなものに追われているので一つ一つ片付けて形にしていけるように頑張りたいと思います。

read more

疫病神

Dec 19,2018

#original

疫病神(ヤクビョウガミ) 古代の日本で病を齎すとされていた悪神。 人間の目には見えないが、子鬼のような姿をしていたと考えられている。 イザナギと離縁したイザナミが、現世で「一日に千人」の人間を殺すために黄泉の子鬼の霊格を上げて現世へ送り込んだもの。イザナミの加護で下位の神と同程度の力を持つことになっ […]

read more

御食津神

Dec 19,2018

#original

御食津神(ミケツカミ) 稲荷神と習合されたウカノミタマの別称とされる。食物・穀物を司る神から狐と兵糧の要素が表出した別側面。 他人を動かして楽をする事に命を賭ける軍師タイプの性格。 幻術が得意で手に持った扇を術核として相手を煙に巻く戦術を採るが、自律して飛び回る扇と本人の幻術のダブルトラップはかなり […]

read more