天鈿女命

Jan 16,2019

#original

裏日本書紀

天鈿女命(アメノウズメ)

岩戸隠れの段で、天岩戸に隠れたアマテラスオオミカミを誘い出す儀式を行った技芸の神。(神話では女性)

鈴や鳴子を大量に身につけているため近くにいるとすぐに分かる。
お祭り大好きマンにして浮かない顔をしている者がいると笑わせずには居られないエンターテイナー。
酒宴で酔っ払うと翌朝服を着ていない。