天羽槌雄神

Mar 29,2018

#original

boy

brown

天羽槌雄神(アメノハヅチノオノカミ)

岩戸隠れの段において、隠れた天照大神を誘い出すために美しい織物を織ったとされる機織の神。武神としての側面は絡繰が、機織の技術はどこかに繋がる糸の先に居る何者かが司っている。

その姿形と性質から明らかに絡繰である事は分かっているが、誰がその糸を手繰っているのかというとその操り手は誰も知らない。糸を手繰ろうとしたところで迷わされ糸の先に辿り着いたものが居ないからだ。

天羽槌雄神によって作られた操り糸で、神木から削りだした神代の力を持つ絡繰人形を動かしている。人形は体中に武器が仕込まれている危険すぎる代物で、本人の戦闘力のなさを補う造りになっている。
理由は本人しか知らないだろうが、なぜか人形自体のモデルはヒノカグツチとなっている。