大禍津日神

Dec 23,2017

大禍津日神(オオマガツヒノカミ)

イザナミに会いに黄泉に向かったイザナギが逃げ帰った後、穢れを祓うために禊を行ったが、その流れた穢れから生まれた神。
災厄、禍を司り、この世の全ての不条理、不合理を齎すもの。